PCリサイクルへ



オーディーエス PC サポート | TOP  > お知らせ > 内容
リスト表示TOPページへ

[セキュリティ情報] 2012年2月のセキュリティ情報
  2012.02.15発表 参照数:9806 

過去掲載の脆弱性に関する一覧は、こちら からご覧いただけます。

2012年2月のセキュリティ情報

マイクロソフト社より最新のセキュリティ更新プログラムが公開されました。 セキュリティ情報の詳細、およびセキュリティプログラムのダウンロードにつきましては、下記内容をご確認いただき、対策の実施をお願いいたします。


Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2660465)(MS12-008)

危険性(深刻度)が「緊急」レベルのため、この修正プログラムを検討し、すぐ対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-008)をご参照になり、できるだけすぐに対策されることをお勧めいたします。


Ancillary Function ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される (2645640)(MS12-009)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-009)をご参照になり、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。


Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2647516)(MS12-010)

危険性(深刻度)が「緊急」レベルのため、この修正プログラムを検討し、すぐ対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-010)をご参照になり、できるだけすぐに対策されることをお勧めいたします。


Microsoft SharePoint の脆弱性により、特権が昇格される (2663841)(MS12-011)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-011)をご参照になり、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。


カラー コントロール パネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2643719)(MS12-012)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-012)をご参照になり、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。


C ランタイム ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2654428)(MS11-013)

危険性(深刻度)が「緊急」レベルのため、この修正プログラムを検討し、すぐ対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-013)をご参照になり、できるだけすぐに対策されることをお勧めいたします。


Indeo コーデックの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2661637)(MS12-014)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS11-014)をご参照になり、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。


Microsoft Visio Viewer 2010 の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2663510)(MS12-015)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS11-015)をご参照になり、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。


.NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2651026)(MS11-016)

危険性(深刻度)が「緊急」レベルのため、この修正プログラムを検討し、すぐ対策されることをお勧めいたします。

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS12-016)をご参照になり、できるだけすぐに対策されることをお勧めいたします。


関連リンク:
マイクロソフト セキュリティ情報センター
http://www.microsoft.com/japan/security/sicinfo.mspx


< 前のお知らせ次のお知らせ >リスト表示