PCリサイクルへ



オーディーエス PC サポート | TOP  > お知らせ > 内容
リスト表示TOPページへ

[セキュリティ情報] 2010年11月のセキュリティ情報
  2010.12.11発表 参照数:4353 

過去掲載の脆弱性に関する一覧は、こちら からご覧いただけます。

2010年11月のセキュリティ情報

新たに発見されたWindowsに関する脆弱性の情報が発表されました。
詳しい情報は以下をご覧ください。


Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2423930)(MS10-087)

危険性(深刻度)が「緊急」レベルのため、下記の製品をご使用のお客様は、この修正プログラムを検討し、すぐ対策されることをお勧めいたします。

◆対象となるお客様
以下のソフトウェアをご使用の方
・Microsoft Office XP
・Microsoft Office 2003
・Microsoft Office 2007
・Microsoft Office 2010

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS10-087)をご参照になり、できるだけ対策されることをお勧めいたします。


Microsoft Office PowerPoint の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2293386)(MS10-088)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、下記の製品をご使用のお客様は、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

◆対象となるお客様
以下のソフトウェアをご使用の方
・Microsoft PowerPoint 2002
・Microsoft PowerPoint 2003
・Microsoft PowerPoint Viewer

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS10-088)をご参照になり、できるだけ対策されることをお勧めいたします。


Forefront Unified Access Gateway (UAG) の脆弱性により、特権が昇格される (2316074)(MS10-089)

危険性(深刻度)が「重要」レベルのため、下記の製品をご使用のお客様は、この修正プログラムを検討し、できるだけ早く対策されることをお勧めいたします。

◆対象となるお客様
以下のソフトウェアをご使用の方
・Forefront Unified Access Gateway 2010

Microsoft社にて詳しい情報および修正プログラムが公開されております。
こちら(MS10-089)をご参照になり、できるだけ対策されることをお勧めいたします。


関連リンク:
マイクロソフト セキュリティ情報センター
http://www.microsoft.com/japan/security/sicinfo.mspx

オンキヨー株式会社

< 前のお知らせ次のお知らせ >リスト表示