スタンバイにならないようにしたい(Windows XP)

PCを起動したまま席を外したら画面が真っ黒になり、キーボードを押しても復旧しない。

これは、一定時間 何もしない状態が続くとスタンバイ状態になるように設定している場合に起こります。電源ボタンを押してスタンバイ状態から復帰できますが、一定時間が経過しても自動的にスタンバイにならないようにするには次の設定を行ないます。

Windows XPの設定方法

  1. [スタート]ボタンから[コントロールパネル]をクリックします。
  2. [パフォーマンスとメンテナンス]をクリックします。
  3. [電源オプション]をクリックします。


  4. [電源オプション]のプロパティが表示されます。
    [システム スタンバイ]メニューを[なし]にしてください。

    [なし]にすることで一定時間が経過しても、スタンバイ状態にはなりません。
    ですが、長時間(例えば 1時間以上)使用しないのであれば、消費電力削減やPCを安定動作させるためにもWindows XPを終了することをお勧めします。
  5. [OK]ボタンを押します。
    以上で、設定は終了です。