閉じる
リージョンコードについて
戻る

DVDビデオには、リージョンコードが導入されています。
リージョンコードとは、地域コードのことです。 DVDビデオディスクとDVDプレーヤのコードが合致したときに再生できるようになっています。

どうして?
これは公開される前にDVDで海外に映画が流出すると、興行収入に影響するため、このような地域を分割する仕組みが考えられました。
また、物価の違う国からの輸入を防ぎ、国内業者の利益を守るためと、地域ごとの内容規制に対応するためにも使用されます。

米国は「1」、日本は「2」となっているので、日本で販売されているDVDプレーヤでは、米国で購入したDVDビデオは再生できないようになっています。
リージョンコード 地域
ALL 制限なし
1 アメリカ、カナダ
2 日本、西ヨーロッパ、南アフリカ
3 東南アジア
4 オーストラリア、中南米
5 東ヨーロッパ、ロシア、アフリカ
6 中国
7 予約
8 航空機、船舶など

リージョンコードは変更できるの?
リージョンコードは変更できません。
ただし、PC用のDVDドライブは数回変更できる場合がありますが、リージョン2の設定後は、変更しないでください。
なお、変更回数がOになれば、その時に切り替えたリージョンコードで固定されます。 固定されると、Windowsを再インストールしても、DVDドライブをほかのPCに移動しても、地域を変更することはできません。

リージョン2のDVDビデオなら日本で見られるの?
ここで考えるのは、西ヨーロッパ地域で購入したDVDビデオなら、リージョンコードが同じなので、再生できるのではないかということです。
ですが、ここにはテレビでの映像方式の違いがあります。
DVDビデオは、NTSC、PALのどちらかの映像方式を採用しなければならない決まりがあります。
映像方式 フレーム 走査線数
NTSC方式 29.97/秒 525本
PAL方式 25秒/秒 625本
日本やアメリカではNTSC方式が採用されています。ヨーロッパで販売されているDVDビデオはPAL方式を採用しており、日本の家庭用テレビやDVDプレーヤでは再生できません。
※ PCはテレビの映像方式を採用していません。

 
閉じる