閉じる
HD DVD-ROMについて
戻る

HD DVD-ROM (エイチディー ディーブイディーロム)
HD=High Definition(高精細)の高品質な映像が収録できるよう規格された新しいDVDディスクです。

HD DVD-ROMは、従来のDVD-ROMと同じ大きさです。
青紫色レーザーを使用し、容量は片面1層で15Gbytes、片面2層で30Gbytesとなっています。片面2層ディスクには約8時間のHD映像(H.264 8Mbps)が保存できます。

  DVD-ROM HD DVD-ROM
大きさ 120mm 120mm
厚み 1.2mm 1.2mm
レーザー波長 650ナノメーター
(赤色レーザー)
405ナノメーター
(青紫色レーザー)
記録容量 1層 4.7Gbytes 15Gbytes
記録容量 2層 8.4Gbytes 30Gbytes
最大データ転送レート 11.08Mbps 36.55Mbps

そのほかのHD DVD-ROMの特徴は、DVD-ROMの発展的な互換性を持ったディスク構造のため、安価に製造できるという点(新しい設備がいらないため)、また、コンビネーションディスクやHD DVD-ROM バージョン1.2で規格化された「ツインフォーマット」があげられます。
コンビネーションディスクは、両面を使い、片面をDVD-ROM(2層)、もう片面をHD DVD-ROM(2層)にできます。
ツインフォーマットは、片面にDVD-ROM(1層)とHD DVD-ROM(1層)を混在させることができます。これらの技術により、従来のDVDビデオとHD DVDビデオの両方が動作できるメディアを入手できるようになります。

HD DVDは、再生専用のHD DVD-ROMのほかに、8cm mini HD DVD(片面4.7Gバイト/2層9.4Gバイト)や書き込み可能なHD DVD-R、書き換え可能なHD DVD-RW、HD DVD-RAMディスクが規格化されています。
 
閉じる