閉じる
DVD+RWメディアについて
戻る

DVD+RWメディア
2001年にDVD+RWアライアンスで規格化された、CD-RWの後継として書き換えできる片面1層 4.7GbytesのDVDメディアです。

また、DVD+RWビデオレコーディングフォーマットに対応し、DVDビデオとの高い互換性を維持したまま、映像の編集・追加・削除ができます。またファイナライズは必要ありません。

録画用とデータ用の違い
「録画用」は著作権保護のために、「私的録画保証金」が含まれています。DVDレコーダやPCでテレビ番組を録画するときは、録画用を使いましょう。
 
 
閉じる