閉じる
DVD-VRについて
戻る

DVDビデオレコーディング(DVD-VR)フォーマット(規格)
DVDビデオ(DVD-Video)は再生用の規格であり、一度ディスクに記録されてしまうと追記や編集はできませんでした。
そのため、TV放送等が放送と同時に録画でき、録画後の編集、消去が容易にできるようにDVDフォーラムで規格化されたのが、DVDビデオレコーディング(DVD-VR)フォーマット(規格)です。VRフォーマットとも呼ばれます。

VRフォーマットで録画されたDVD-RWやDVD-RAMディスクは、DVDビデオとの互換性がないため、VRフォーマット対応のDVDプレーヤでのみ再生できます。
また、コピー防止のための著作権保護技術(CRPM)にも対応しています。
VRフォーマットは、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-Rメディアで利用できます。
VRフォーマットへの対応については、DVDプレーヤのマニュアルや製造メーカのWebサイトで確認しましょう。
PWPPIにも情報が掲載されています。

※ また、DVDアライアンスが規格化したDVD+RWビデオレコーディングフォーマット(DVD+VRフォーマット)とは違います。
 
 
閉じる