閉じる
CD-RWメディアについて
戻る

CD-RWメディア
データが記録されていない空のメディアが販売されており、データのバックアップ等に使用されます。
CD-RW対応ドライブにて、ライティングソフトを使用してデータ書き込みが可能です。 また、1度書き込んだ領域への上書きや削除も行えます。
マルチリード対応のCDドライブでのみ読み込み可能です。

また、CD-RWメディアは規格により、次のように分かれています。
1〜4倍速 4〜10倍速 24倍速対応 32倍速対応
1〜4倍速 4〜10倍速※1※2
(High Speed)
24倍速対応
(Ultra Speed)
32倍速対応
(Ultra Speed +)
ドライブが対応していないと、そのメディアを使用できません。
一番簡単な方法は、ドライブについているロゴで見分ける方法です。

例えば、Ultra Speedのロゴが付いてるドライブなら、Ultra Speedのメディアは使えるのはもちろんのこと、High Speedなどそれより低倍速のメディアも使用できます。

※1 書き込みドライブの仕様が、最大4倍速の書き込みになっている場合でも、High Speedのメディアには書き込めません。ドライブがHigh Speedに対応していないからです。
※2 ドライブによっては独自に規格以上のスピードで書き込むものもあります(High Speedメディアに12倍速で記録など)。

CDメディアのお手入れ方法

書き込み方法
 
 
閉じる