閉じる
起動時のビープ音について

起動時のビープ音について

PCの電源が入ると、POST(Power-On Self Test)と呼ばれる、ハードウェアの自己診断テストが開始します。ここで何らかの問題が見つかると、ビープ(Beep)音でエラー状況や診断結果が報告されます。
例えば、メモリを増設したあとにビープ音が鳴り、起動しない場合、増設したメモリに原因が発生している場合が考えられます。

■もし、2回以上ビープ音が鳴り、PCが起動しない場合は、 電源ボタンを押してPCの電源を切り、電源ケーブルを外し(ノートブックの場合はバッテリも外す)、
  • メモリは正しく装着されているか
  • グラフィックスカード(ビデオカード)が正しく装着されているか
  • キーボードが正しく接続されているか
をご確認ください。
上記に問題がない場合、ビープ音が何回、どのように鳴ったかを記録し、サポートまでご連絡ください。
設定によって直るというのではなく、PCのハードウェア自体に問題が発生しています。

なお、以下には、主なBIOSのビープ音のエラー表です。

■AMI BIOS
ビープ音 エラー内容
長1回 POSTに問題なし
短1回 メモリのリフレッシュエラー
短2回 メモリのパリティエラー
短3回 メモリエラー
短4回 タイマーが動作しない
短5回 CPUに問題
短6回 8042 ゲートA20エラー
短7回 CPUの例外割り込みエラー
短8回 ディスプレイメモリエラー
短9回 BIOSロム チェックサムエラー
短10回 CMOSシャットダウン読み込み書き込み記録エラー
短11回 キャッシュメモリエラー
長1回とは、ピーという長い音が1回鳴った場合、短1回とは、ピッという短い音が1回鳴った場合です。
AMI BIOSの場合、短いビープ音が1〜3回の場合、メモリに問題がある場合が考えます。メモリを再度装着したり、別のメモリに置き換えることで改善される可能性があります。
ビープ音が4〜7回、9〜11回の場合、システムに深刻な問題が発生している場合が考えられます。
ビープ音が8回の場合、グラフィックスカードやビデオメモリに問題が発生している場合が考えられます。 グラフィックスカードを増設している場合は、一度取り外し、再度取り付けることによって、改善される場合があります。

■PhoenixBIOS 4.0 Release 6.0
ビープ音 エラー内容
1 POSTに問題なし
1-2-2-3 BIOSロム チェックサムエラー
1-3-1-1 メモリのリフレッシュエラー
1-3-1-3 キーボードコントローラ エラー
1-3-4-1 アドレス・ライン上のメモリエラー
1-3-4-3 メモリバスのローバイトのデータ・ビットのエラー
1-4-1-1 メモリバスのハイバイトのデータ・ビットのエラー
2-1-2-3 コピーライトチェックエラー
2-2-3-1 例外割り込みエラー
1-2 オプションROMのチェックサムエラー
1-2-2-3とは、ピー、小休止、ピーピー、小休止、ピーピー、小休止、ピーピーピーと鳴った場合です。

■Award BIOS
ビープ音 エラー内容
短1回 POSTに問題なし
長1回-短2回 グラフィックスシステム、モニターケーブルの接続エラー
その他 ほとんどの場合が、メモリやグラフィックスシステムに問題があると考えられます
長1回とは、ピーという長い音が1回鳴った場合、短1回とは、ピッという短い音が1回鳴った場合です。
 
閉じる